スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LANケーブルのコネクタがCAT.6なコト

今日も退屈な講義ですよ。

LANケーブルの、つまりUTPのCAT.6のコネクタね。


CAT.6のコネクタもRJ45と呼びます。

機器等への接続はRJ45という同形状のコネクタを使うことで

UTPがグレードアップしようがダウンしようが、可能になっております。


オイラが使うCAT.6のRJ45です。

CAT6RJ_convert_20151018212938.jpg

5つのパーツから構成されている上

それぞれ、前後・上下 が決まっているため

CAT.5eのRJ45に比べて、取付けの難易度はグイ~ンと上昇しております。


ちなみに、画像のパーツの名前はカジヤが勝手につけました。今。


UTPに取付けるとこんな感じです。

CAT6RJ45+C_convert_20151018212957.jpg

ブーツ、いらなくね?…と思います。

機能的には、確かに意味はありませんが

このブーツによって CAT.5 CAT.6 が識別できるので 地味に重要です。


では、次回は実際に取付けてみます。






スポンサーサイト

LANケーブルのコネクターのコト

LANケーブルの先っちょにくっついているコネクタは

RJ45(アールジェイ ヨンジュウゴ)コネクタ と言います。


CAT5RJ45+C_convert_20151018212834.jpg

RJ45は芯線の並び方が違うモノがあります。

上の画像は 白・オレンジ・白・青・白・緑・白・茶 でBタイプと呼ばれ、

これに対して Aタイプは 白・緑・白・青・白・緑・白・茶 と並びます。


どちらも能力は同じですが、

日本のケーブルメーカーは、Bタイプを作りやすくするケーブルを製造しています。


両端が同じタイプだと ストレートケーブル。

片方Aタイプ、片方Bタイプだと クロスケーブル、となります。


通常はストレートを使用しますが、

機器と機器をつなぐ場合、クロスケーブルじゃないと動かない奴がいたりします。


クロスケーブルと似たモノで、フルクロスケーブルっちゅーたいそうなモノもいます。




CAT,5eのコネクタたちです。

CAT5RJ45_convert_20151018212913.jpg

メーカーによって若干形状が異なります。

最近よくみられるものは、左下のツメが折れているタイプですね。

ケーブルを引っ張っても、引っかかりにくくなっています。

他の奴らは、引っかかりまくった挙句

グニーッと爪が反対をむいたり、もげたりしちゃいます。


右上の ハイパフォーマンス型 はケーブルの芯線が撚り線(よりせん)の時などに使用します。

撚り線とは、細っい銅線がたくさん集まって1本の芯線になったモノです。

ゆえに、芯線自体がフニャフニャで

通常のコネクタを付けることがやや難しくなっているのです。


右下は STP用 です。STPケーブルのシールドと接触させるため

金属の部分があります。

外部からのノイズに有効ですが、ノイズを逃がすためアースをとらないといけません。



次は、CAT.6のRJ45です。

なに?もう飽きた?ガマンして。






LANケーブルのコトの補足なコト

いまさらですが、UTPケーブルの写真を撮ってきました。

utp_convert_20151017130615.jpg


左から

 CAT.5e (カテゴイー)

 CAT.6 (カテロク)

 CAT.6A (カテロクエー)

 屋外用UTP
          です。


UTPには2芯を1ペアとして、全部で4ペアあり

8芯の電線で構成されています。


4ペアなので「4P」(ヨンピー)と呼びます。

ほかに 8P・16P・24P などありますが

4P以外はあんまり見なくなりましたね。


CAT.6やCAT.6Aには

4ペアをそれぞれ仕切る十字型の介在が設けてあります。

この存在のおかげで、CAT5.eより若干太くなっています。


屋外用UTPは、名の通り屋外を配線できます。

雨風、日光に耐えられる黒い外皮に覆われています。


たまに普通のUTPが屋外でさらされているのを見かけますが

そのうち劣化して

     パリパリになって

        破れた外皮の隙間に水が入って

           通信障害を引き起こすでしょう。


さて、次はコネクタの写真でも撮ってこようかな。

メンドくさいけど。








LANケーブルにコネクタをくっつけてみたコト

とりあえず、動画、作ってみました。





「しろーと」 なもんで、こんな仕上がりです。

いや、コネクタ付けんのはプロなのよ。

動画作成が「しろーとちゃん」なのね。



LANケーブルのコト

1年以上放置していました。

もはや来訪者は皆無である。

っつーことで、ひっそりと再開することにしますのだ。


だけど、ネタ考えるのもメンドくさいので仕事関連の事を挙げてみちゃいます。

オイラには後継者がいなから、ここで今までの知識を吐き出すのじゃ。


今日は「LANケーブル」について。

なんじゃいそりゃ、と言う人にはまったく面白くない話になるのであしからず。


「LAN」は「ラン」と読む。

ローカルエリアネットワークの略なのだ。

つまり、パソコンやらプリンターやらHUB(ハブ)やらを繋ぐためのケーブルなのです。


さて、俗称LANケーブルは正しくは

「UTPケーブル」といいます。

アンシールドツイストペアケーブルの略で

シールドしてなくて、芯線がペアでネジレあってるケーブルだよ、って意味です。


意味分からんって?

「UTP」で画像検索してください。ね、なんかネジレネジレでしょ。


じゃ、シールドしてるやつもありやがるのかい?


あるんです。「STPケーブル」です。

シールドツイストペアケーブルです。

これは米国で主流らしいのですが、我が国ではUTPの方を多く見ます。


そのUTPケーブルにも種類がたくさんあります。

ネットワークの高速化に伴い、ケーブルもバンバン進化しております。


現在最も多いUTPはたぶん

「CAT.5e」でしょう。

これは「エンハンスド カテゴリー ファイブ」と読みます。

略して「カテゴイー」。

ケーブルに記載されているハズです。見ましょう。


お金のある企業などは、この上のクラス

「CAT.6」(カテゴリー シックス) 、略して「カテロク」

や、さらに上の

「CAT.6A」(オーグメンテッド カテゴリー シックス)、略して「カテロクエー」

を導入しています。

太いし、堅いし、手間かかるし、メンドくさい迷惑なケーブルです。(注:カジヤの感想です)


オイラは扱ったことは無いのですが、

「CAT.7」、「CAT.7A」とかもあるようです。


逆に古いケーブルには

「CAT.5」、「CAT.4」、「CAT.3」などが20年くらい前に配線されてるハズです。


つまり、この「CAT」という表記は、一言でいえば

数字の大きいヤツほど、データを早くたくさん送れる、ってコトです。

正しくはビット数だとか帯域幅だとか、ややこしい用語でなんたらかんたら・・・です。


「CAT.2」、「CAT.1」は見たことも聞いたこともありません。

実験段階のプロトタイプなのではないでしょうか。


と、いうことで今日はここまで。

次回はUTPケーブルの先っちょに付いているモノについてお話しします・・・

どうしようかな。メンドくさいし。




sidetitleプロフィールsidetitle

カジヤ

Author:カジヤ
こちらはこれといった
テーマがありません。
無法地帯ブログです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
10 | 2017/03 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
アクセスアップってほんとかねぇ

FC2Blog Ranking

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleブロとも一覧sidetitle

かまちゃんのぶら〜り北海道✩アウトドアしましょ!

tranquil mind 穏やかな心で

チャーリーぶろぐん~いろえろ話題わんさか!いまここにアセンションプリーズ!!~

ニッキ!(e≧▽≦)/

Frammento di stelle

為替料理人

黄金騎士の映画やアニメなどの適当日記

★☆空☆★

メリケン粉のかたまり

妄想の彼方にて

防犯カメラ、監視カメラ 西日本電波サービス 最新情報

+。*~Child heart~*。+

なんでも屋
sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。