FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝えていくコト

ちょっとマジメな話をしてみます。


未曾有の大災害から10カ月経ちました。

あれから日本中で

災害対策・エネルギー関連などの

問題点や新たな取り組みが考えられ、実行されています。


この体験を後に生かすために

国家・行政・企業・個人レベルで意識が変わりました。


この惨劇を忘れないよう、風化しないように。


これはとても大事なことですが、

時間の流れは非情です。


どれほど努力しようとも、時がたてばこの経験も薄れていくでしょう。


それは過去の悲劇を思い浮かべれば感じることができます。


第2次世界大戦での日本人の犠牲者は

300万人を超えるといわれます。


が、これほどの大きな出来事にもかかわらず

たった60年経過しただけで

アメリカと戦争をした事実を知らない

日本人も出てきてしまうのです。



だからと言って忘れてしまうのは仕方ない、というのは愚かです。


戦争を体験したおじいちゃんやおばあちゃんが

今でもその惨劇を伝えているように、

我々の世代も、この大災害を伝え続けなければなりません。


いつ来るかわからない、さらに大きな災害に備えて・・・。











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

まじめな話。

そうですよね。忘れちゃいけませんよね。
僕の方は全くと言っていいほど被害がなかったのですが
誰かが悲しんで そして死んでいったことは
忘れてはならない事ですよね。

いちご大福こしあん派さん

実はこちらも親類・知人に被害はありませんでした。
これは幸いなことなのですが
そのせいもあり、リアル感が薄いということは否めません。
被災の過酷さは身を以て体験せねば
やっぱりわからないんですね。
TVなどで流される映像や体験談を
努めてこの身に吸収しなければならないと思っています。

No title

津波の被害を受けたところで、1000年前の石碑に書いてあった「このしたより家を立てるな」という文字のおかげで被害をまぬがれたところがあったように後世の命を救えるようなことを言い伝えて行きたいものですね。

Hydroxydさん

本当ですね。
今の時代なら様々な方法で
警告を残すことができるはずです。
現在の人々の思いが薄れることなく
未来に伝わることを祈ります。

ルソン戦記

カジヤ樣、初めまして。ご訪問有難うございます。
ルソン島で戦死なされたのですか。北か南かわからないのですね。
フィリピンで慰霊をしましたが少しでもご英霊の慰めになればと思いました。ルソン島の戦友会の方の写真集で見たのですが、出撃前に撮った将兵の写真はまだ20歳前の若い人たちでした。
青春の楽しみもなく果物も食べずフィリピーナと恋をする暇もなく死んでいった無念さがわかるようでした。
sidetitleプロフィールsidetitle

カジヤ

Author:カジヤ
こちらはこれといった
テーマがありません。
無法地帯ブログです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
アクセスアップってほんとかねぇ

FC2Blog Ranking

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleブロとも一覧sidetitle

かまちゃんのぶら〜り北海道✩アウトドアしましょ!

tranquil mind 穏やかな心で

ニッキ!(e≧▽≦)/

Frammento di stelle

為替料理人

わくわく株式投資

黄金騎士の映画やアニメなどの適当日記

★☆空☆★

メリケン粉のかたまり

妄想の彼方にて

防犯カメラ、監視カメラ 西日本電波サービス 最新情報

+。*~Child heart~*。+

なんでも屋
sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。